令和3年度きらめき活動助成事業の募集について

山口きらめき財団では、地域や社会をより良くするために、皆さんが自主的・主体的に取り組む幅広い分野の県民活動を支援する「きらめき活動助成事業」を実施しています。
令和3年度の募集についてお知らせします。

令和2年度との主な変更点

・申請方法に「メールでの申請」が加わりました
・新たに、秋吉台国際芸術村を舞台とした文化芸術活動を支援する助成プログラム文化芸術支援「つむぎ」プログラムが加わりました
    

1 助成対象となる団体・事業

助成の対象となる団体

次の要件を満たし、継続的に活動を行っている県民活動団体(※)

・山口県内に事務所があること
・宗教活動・政治活動・営利活動を目的としないこと
・組織の運営に関する規則(会則)があること
・年間の活動計画を有し、活動に係る収支が明らかなこと

(※)当助成事業の対象となる県民活動団体とは、組織的かつ継続的に県民活動を行うことを主たる目的とするNPO法人任意のボランティア・市民活動団体等が該当し、自治会等の公共的団体は該当しません。

 

助成の対象となる事業

・山口県内で実施される公益的な事業 
 ※特定の団体に属する人の利益のみに行われる事業でないこと
・団体の自主的・主体的な事業
 ※国、県、市町及びこれらの外郭団体等の主催・共催でなく、これらの団体から補助金等を交付されていない事業であること
 ※学校等が教育活動の一環として行うものでない事業であること
・令和3年4月1日から令和4年3月31日までに実施される事業

 

2 支援プログラム 

Ⅰ 自立支援「ゆめ」プログラム  

助成目的 団体の立ち上げ・自立(団体の運営基盤の強化や継続的な事業の構築)
助成金額 20万円以内/年
助成率 助成対象経費の1/2以内
助成期間 原則1年(場合によっては継続助成も可)
助成件数 10件程度
対象団体 上記の「助成の対象となる団体」で、設立から3年以内(平成30年4月1日以降)に設立された団体

 

<対象となる事業の例>団体の設立に係る事業が対象となります。

  • 活動の周知を目的とした発表会・報告会・交流会
  • 会計や広報等の組織運営や会員のスキルアップを目指した研修会
  • 運営のための会議や公演活動に係る練習等
  • 活動に必要な備品の購入や道具の製作
  • 広報ツールやホームページの作成   …など

 

Ⅱ 課題課題解決支援「はな」プログラム   

助成目的 地域における社会的課題の解決
助成金額 50万円以内/年
助成率 助成対象経費の2/3以内
助成期間 原則1年(場合によっては継続助成も可)
助成件数 20件程度
対象団体 上記の「助成の対象となる団体」で、過去5年間(平成28年度~令和2年度)で当財団からの助成が2年以内の団体

 

<対象となる事業の例>地域の課題解決のために実施する事業が対象となります。

  • 地域地域資源の掘り起こしや情報の発信
  • 若者の定住やUJIターンの支援
  • 子ども食堂や子ども達への学習支援
  • DV防止や男女共同参画の研修会
  • 防災や減災対策
  • 自然環境の保全
  • 環境学習や体験教室   …など

 

Ⅲ 文化芸術支援「つむぎ」プログラム   

助成目的 秋吉台国際芸術村で実施される、文化芸術の振興と多くの県民が文化芸術に親しむ機会の創出
助成金額 50万円以内/年
助成率 助成対象経費の2/3以内
助成期間 原則1年(場合によっては継続助成も可)
助成件数 2件程度
対象団体 上記の「助成の対象となる団体」で、過去5年間(平成28年度~令和2年度)で当財団からの助成が2年以内の団体

※課題解決支援「はな」プログラムとの併用申請(両方に申請)ができます
   
<対象となる事業の例>

  • 音楽会、演劇、ミュージカル、合唱、伝統芸能等の公演
  • 絵画や書、アート作品の展覧会
  • 音楽や芸術のワークショップ、セミナー   …など
       

3 助成対象となる経費

Ⅰ 自立支援「ゆめ」プログラム・・・団体の立ち上げ・自立のための経費(団体の立ち上げや設立目的となる事業の立ち上げ経費)
Ⅱ 課題解決支援「はな」プログラム・・・課題解決のだめに実施する事業に係る経費
Ⅲ 文化芸術支援「つむぎ」プログラム・・・秋吉台国際芸術村で実施する文化芸術発表、展示、公演等に係る経費

①謝 金 外部の講師、指導者、出演者等への謝礼(謝金の上限は10万円です)
※10万円を超える部分については自己負担です ※講師等への土産代・花束代は対象外です
②旅費 外部の講師、指導者、出演者等への交通実費及び宿泊費(当財団の規程により積算)
※公共交通機関による移動の場合は実費計算とし、その際の特別料金(グリーン車両乗車等)は対象外です
※宿泊費の上限は9,800円です(宿泊費には夕食・朝食代を含みます)
※自家用車による移動の場合は1㎞30円として積算してください
③消耗品費 申請事業にかかる事務用品(用紙、文具、封筒、インクカートリッジ等)、材料代
④印刷費・広告宣伝費 申請事業にかかる資料・チラシ・ポスター等の印刷、看板・横断幕・パネル等の制作、広告掲載料等
※広告掲載料については、全体経費の20%未満が対象となります
⑤備品費 事業の執行に必要な機器・工具等の購入費
※管理責任者を明確にしてください
※事業の執行に必要な10万円以下の物品が対象です
※助成後同一事業を5年以上行い、当該事業で使用する場合に限ります
※OA機器(パソコン、Ipad、コピー機、プリンター、デジカメ、プロジェクター等の機材)は対象外です
⑥通信運搬費 切手・はがきの購入、メール便・宅配料等の送料、美術品や楽器・道具等の運搬費
⑦会議費 外部の講師、指導者、出演者等への昼食代(1,100円以内)、お茶代
※懇親会、接待、打ち上げ等の経費は対象外です
⑧使用料及び賃借料 会場使用料や冷暖房費、マイク等の備品を含む附帯設備使用料、器具・楽器・衣装等の借料、著作権使用料、作品借り上げ料等
※団体メンバーが所有の施設等の使用料は基本的に対象外ですが、一般向けに料金が設定されており正規の領収書を発行できる場合は対象となります
⑨設営費・舞台費 会場設営・撤去費、照明費、音響費、大道具費、小道具費、衣装費、調律料、舞台監督料、演出料、監修料、脚本料、デザイン料、作曲料、作詞料、楽譜制作料等
※役員・職員・会員(スタッフ)に対して支払うものは対象外です
⑩その他の経費 各種保険料や振込手数料等、上記以外の経費で理事長が必要と認める経費

  
※次の経費については原則として助成の対象となりません

○事務所の維持等団体の管理運営費や、他団体への助成金・寄付金等、助成対象事業の実施に直接つながらない経費
○懇親会等の食糧費
○団体内部の者(役員や会員等)に支払う経費
○土地、建物、設備、その他の固定資産の取得又は整備に要する経費  
  

4 留意するポイント 

事業を申請する際は、次の点を整理して申請書に記入してください
 
  
① 「団体の立ち上げ」や「地域課題の解決」にどのように取り組み、成果をあげることができるか
② 今後どのように事業を継続し、発展させていくか
③ 広く、住民や団体等を巻き込んだ公益性の高い事業となっているか
  

5 助成金以外の支援

○活動現場を訪問し、活動や運営に関するアドバイスを行います
○活動について、財団の広報誌やホームページ、報道機関等へ広報・周知します
       

6 助成事業のスケジュール

①事前相談 申請書提出期限まで
申請に関する質問に対応し、書き方などをアドバイスします

           ↓募集期間中、助成金説明会を県内各地で実施します。(このHPで随時情報を更新します)

②申請書の提出 提出期限:令和3年3月31日(水) 
★持参の場合→当日の17時15分までに事務局へ
★郵送の場合→当日消印有効

★メールの場合→当日着信有効

           ↓

③ヒアリング・審査 3月下旬~4月下旬
各団体へ電話・メール等で照会
審査委員会で審査

           ↓

④交付決定 5月上旬
交付決定を申請団体へ通知
当財団のHP、報道機関等で公表

           ↓

⑤助成金交付式 5月中旬(予定) 
手続き等の説明
交付団体や寄付者との交流

           ↓

⑥報告会 6~9月(予定)
活動状況報告
意見交換、交付団体との交流

           ↓

⑦実績報告書の提出 事業完了後30日以内又は令和4年3月31日までに提出

           ↓

⑧助成金の交付

助成金の額を通知し、助成金を交付
※助成金は概算払いも可能です

 

7 申請の方法

「令和3年度きらめき活動助成事業申請の手引き」を参考に、申請用紙に必要事項を明記し、添付書類を添えて「公益財団法人山口きらめき財団」まで直接持参又は郵送、メールによりお申込みください

メールでお申込みの場合、
・申請書及び添付書類は、Microsoft Word、Excel、PDF形式のいずれかとしてください
・受付後3日以内(土日祝を除き3日程度)に受付完了の返信メールを送ります
・返信がない場合には、電話又はメールにより、申請者の責任において、山口きらめき財団まで申請書類の着信確認を行ってください
   
【申請書送付先】
公益財団法人山口きらめき財団
〒753-0082 山口市水の上町1-7
◆申請用アドレス  shinsei★y-kirameki.or.jp (★を@に変えてください)

 

申請書、及び手引きの入手

こちらからダウンロードしてください。ダウンロードできない場合はメール等でお問い合せください。

①きらめき活動助成事業助成金交付申請書(第1号様式)
▶自立支援「ゆめ」プログラム
Word Excel PDF
②きらめき活動助成事業助成金交付申請書(第1号様式)
▶課題解決支援「はな」プログラム
Word Excel PDF
③きらめき活動助成事業助成金交付申請書(第1号様式)
▶文化芸術支援「つむぎ」プログラム
Word Excel PDF
令和3年度きらめき活動助成事業申請の手引き 申請時の注意点|  
ゆめプログラム申請書記入例
はなプログラム申請書記入例|  
つむぎプログラム申請書記入例

 

応募期限

申請受付期限 : 令和3年3月31日(水)
★持参の場合→当日の17時15分までに事務局へ/★郵送の場合→当日消印有効/★メールの場合→当日着信有効

【申請にあたっての注意】

  • 申請にあたっては事前相談をお勧めしています
  • 申請書類は原則として返却しません 。ヒアリングを行いますので必ず写しを取り保管しておいてください
  • 複数の団体が協働して1つの事業を実施する場合は、いずれかの団体が代表して申請してください
  • 申請に係る個人情報は、本事業の目的以外には使用しません

その他

(令和3年度版)募集案内リーフレット (A3/2ツ折/4P・PDF)

★過去の助成金交付状況 ☞ |H27年度| |H28年度| |H29 年度| |H30年度| |令和元年度| |令和2年度
    

説明会の開催について

助成事業の概要や書類の書き方等を説明し、個別相談のできる「助成事業の説明会」を開催します。(参加料無料・予約優先)
※今後、次の5か所で開催の予定です。詳しい情報は開催が決まり次第掲載します。

宇部会場

「助成事業説明会&センター交流会」
1月21日(木)19:00~21:00
宇部市民活動センター「青空」(宇部市新天町1丁目2-36)
※事前申込が必要です
(℡ 0836-36-9555 宇部市民活動センター「青空」まで)

※終了しました

山口会場 「みんなの助成金セミナー&令和3年度助成事業合同説明会」
2月13日(土)13:00~16:00
パルトピア山口 大ホール(山口市神田町1-80)
※参加人数は30人限定です。事前申込が必要です
→当日参加のお申込みについては、定員に達しましたので受付を終了します
(℡ 083-929-3600 山口きらめき財団まで)
※当日のセミナー及び事業説明の様子は録画してこのホームページから配信します
みんなの助成金セミナー&助成事業合同説明会チラシ|(申込書付き)
萩 会場 「助成金セミナー」
2月20日(土)13時30分~14時30分
萩市市民活動センター「結」(萩市西田町5)
※事前申込が必要です
(℡ 0838-24-0161  萩市市民活動センター「結」まで)
岩国会場 「助成金申請書等相談会」
2月21日(日)10時~15時
岩国市民文化会館(岩国市岩国4丁目4−15)
※事前申込が必要です
(℡ 0827-44-0288 いわくに市民活動支援センターまで)
柳井会場 「助成金個別相談会」
3月5日(金)9時30分~
やない市民活動センター(柳井市柳井3718)
※事前申込が必要です
(℡ 0820-25-3535 やない市民活動センターまで)
下関会場 「助成金説明会」
3月18日(木)14時~
しものせき市民活動センター (下関市竹崎町4丁目4-2)
※事前申込が必要です
(℡ 083-231-1830 下関市まちづくり政策課まで)

 

問合せ・応募先

公益財団法人山口きらめき財団
〒753-0082 山口市水の上町1-7
TEL  083-929-3600   FAX   083-924-9096
◆お問合せアドレス info★y-kirameki.or.jp (★を@に変えてください)
◆申請用アドレス  shinsei★y-kirameki.or.jp (★を@に変えてください)

コメントは停止中です。