SLべんけい号まつり2013秋 に参加しました!

平成25年9月29日(日)、下松市役所グリーンプラザ、ほしらんどくだまつ の2会場にて開催された、「下松べんけい号を愛する会」主催の「SLべんけい号まつり2013秋」に参加しました。

benkeigou1「下松べんけい号を愛する会」は、下松市が所有している蒸気機関車(「下工弁慶号」)をツールに、多彩な活動を行っているグループです。
べんけい号の全国への情報発信によるまちの活性化、産業観光のアピール、三世代交流による子育て支援、シニア層の生涯学習と自己実現の3つを柱に、市民を対象とした魅力的なイベントを企画されています。
今回の、「SLべんけい号まつり2013秋」には、近隣の市民活動団体の仲間も応援にかけつけ、それぞれの活動を披露し、イベントを盛り上げておられました。


第1会場の下松市役所グリーンプラザでは、SLべんけい号のスケッチ大会が開催され、家族連れがシートに座って楽しそうにスケッチする姿が見られました。
第2会場のほしらんどくだまつでは、牛乳カートンを使ったSL工作、鉄道模型の見学のほか、紙芝居や絵本の読み聞かせ、手品の上演が行われており、電車が大好きな子どもたちが、眼を輝かせて楽しんでいる姿が印象的でした。

benkeigou2会では2019年(下松市制80周年)に、SLべんけい号のモデル機を製作・運転することを目標とされており、それを軸に、まちづくりや子育て支援等の活動の幅を広げ、他の市民活動団体との連携を積極的にすすめていかれるようです。
また、NPO法人認証のための申請手続きも進行中とのこと。
社会的な信用力を高め、下松市のまちづくり活動を担う団体として、今後も大いに活躍していただきたいと思います。