助成金交付団体訪問録

エコビレッジ与作@意馬山の「竹林整備活動」に訪問しました

団 体 名 エコビレッジ与作@意馬山(言葉のいらない村) (美祢市)
プログラム 自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名 里山環境保全と子ども達の自然体験活動
日時/場所 平成29年10月15日(日)/美祢市豊田前町今山 西福寺及び周辺
訪問の様子

竹伐採の様子

 当会は、里山をはじめ自然環境の保全や活用を図り、未来の子ども達へ美しい地球をつないでいくことを目的に、平成28年4月に発足されました。
 竹林整備や田んぼづくり体験の提供、自然体験やかまど料理体験教室の開催など、里山保全整備と併せて、自然と人との繋がりを親子で感じてもらう試みを実施されています。
 この日は竹林整備と竹細工づくりの体験が行われ、約30人の参加がありました。

 この日は、雨天の中、午前中に竹の伐採があり、午後から屋内で棕櫚の葉のバッタづくりや、竹トンボ、ヤジロベエの細工づくり、竹灯篭づくりが行われました。
 子ども達にとっては細かい作業が難しかったようで、途中で飽きてしまった子どももいましたが、参加した大人は最後まで一生懸命作り上げました。

上手にできるかな

 指導された上中さんは、下関市豊田地域などの学校でも竹細工などの指導をされており、菱や蓮の実を使ったヤジロベエや竹トンボなどの材料も持参され、作り方を教えていただきました。また、持参の竹トンボを子ども達にプレゼントされました。

 会では月数回、このような誰もが自然とふれあえる場を設けておられます。好きなことを楽しんで実践されていることが、参加者にも伝わり、若人の参加も多く、みなさん自主的に活き活きと活動されてる姿が印象的でした。
 今後も継続して、里山の保全活動や自然環境学習の場の提供を行われていくことを期待しています。

NPO法人下松べんけい号を愛する会の「鉄道産業のまち下松」講演会に訪問しました

団 体 名 特定非営利活動法人下松べんけい号を愛する会 (下松市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/にぎわい交流づくり助成金
事 業 名 鉄道産業のまち下松 講演とパネルディスカッション会
日時/場所 平成29年9月30日(土)/スターピアくだまつ 展示ホール
訪問の様子

 当会は、下松市にあるSLべんけい号の活用を通じて、明るく健康で楽しいまちづくりと三世代交流による子育て支援を目的に平成23年4月に設立されました。
 べんけい号のクリーンアップ作戦、べんけい号をモデルとしたスケッチ大会や年賀状コンクール、紙芝居・絵本・キャラクター等の作成など幅広くイベントや行事を実施しています。
 べんけい号は現存する日本の貴重な文化遺産であること、下松市には日立笠戸工場を主軸に個性的な中小企業が経済活動をしていることから、「鉄道産業のまち・下松」としてのまちづくりを市民全体で考えていきたいとこの度講演会とパネルディスカッションを実施されました。

 この日は200人近い参加があり、「里山資本主義」で有名な藻谷浩介氏を講師とした講演「鉄道産業のまち下松~全国発信における課題は何か」と、藻谷氏をコーディネーターに観光協会、日立製作所笠戸工場OB、まちづくりNPO団体代表ら5人のパネラーによるパネルディスカッションが行われました。
 藻谷氏は、「下松市は新幹線も製造している日本の5大鉄道車両工場を有していながら、それを活かしたまちづくりには消極的」と残念がられ、今後は、企業や行政、市民が共に、今地域にあるものを大切に、客観的なよそ者の視点で、下松の良さを再発見しながらまちづくりを行う必要があると力説されました。
 パネルディスカッションでは、3月5日(日)の日中に行われた新幹線の陸送(笠戸工場からイギリスに輸出されるために下松第2埠頭へ)へ話題が及び、観光は今までのような歴史や文化、自然だけを見るものではなく、産業やニッチのニーズが思いもよらない効果をもたらすことがあり、それを活用する方法も今後検討すべきとの意見が出ていました。

 講演会もパネルディスカッションも濃い内容で、何より「市民発信によるまちづくり」を参加者が自分のこととして真剣に考えておられる様子が伝わってきました。
 今後も、三世代交流、子育て支援活動を続けながらも、また一歩進んだ活動を展開されていくことを期待しています。

特定非営利活動法人子ども劇場山口県センターの「はじめての音楽会」に訪問しました

団 体 名 特定非営利活動法人子ども劇場山口県センター (宇部市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/子ども・子育てサポート助成金
事 業 名 乳幼児期からの舞台芸術との出会い!アートスタート
日時/場所 平成29年9月26日(火)/宇部市立図書館講座室(宇部市)
訪問の様子

 当会は、「子ども達へ社会参画の機会の拡充を図り、子どもの豊かな成長に寄与する」目的で平成11年5月に発足しました。
 親子で楽しめる工作やアートのワークショップ、コンサートや演劇鑑賞、読み聞かせ等様々な芸術文化の提供を行われています。 また、平成16年にはチャイルドラインやまぐちを常設し、学校や家庭等で悩みを持つ子ども達の支援活動も行われています。
 この日は、0歳から3歳程度の子どもとその親を対象とした「初めてのアートとの出会い」となるコンサート「はじめての音楽会 ロバの音楽座 ポロンポロン」が開催され、市内を中心に50組100人が参加されました。

  出演された「ロバの音楽座」は、中世の古楽器当を使用しファンタジックな音と遊びの世界を演出される楽団で、バグパイプやクルムホルン、サントゥール等の不思議な楽器の形、やさしい音色、楽しいリズムやメロディに参加した小さな子ども達は夢中になっており、泣いたりぐずったりする子はいませんでした。また、自由な姿勢で聴くことができたため、床に座ったり、お母さんの膝に乗ったりと終始リラックスし、時には手拍子をしたり、会場をぐるぐる歩いたりと、まさに「アートスタート」にふさわしい温かい音楽会となっていました。

 当会では、幼児から大人を対象とした「音と遊びの世界を繰り広げる」コンサートも企画されています。
 今後も、子ども達に素敵な体験、経験を提供されていくことを期待しています。

晋作連の「第2回晋作文化祭」に訪問しました

団 体 名 晋作連 (下関市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/文化による地域づくり助成金
事 業 名 第2回晋作文化祭
日時/場所 平成29年9月18日(月・祝)/下関市民会館中ホール(下関市)
訪問の様子

 当会は、幕末維新で活躍した志士たちの業績を顕彰し、彼らの活躍を学ぶとともに、「歴史のまち下関」「維新発祥の地山口県」の価値を確認し次世代に継承することを目的に、平成25年12月に発足されました。
 これまで、高杉晋作に関連する講演会や彼の活躍した地を訪ねる歴史ウォークを実施されてきましたが、幕末歴史ファンの間だけの活動に留まらず、幅広い層の人達に志士たちの業績を啓発していきたいとの思いから、一般向けのイベントを開きたいということで「晋作文化祭」という企画を実施されたとのこと。この日は、約300人の方が訪れました。

 今回の晋作文化祭は、①下関市内の素人演芸家集団「落楽一座」の菊亭山葵さん、顧見亭小客さんによる落語、②劇団新波による演劇「幕末へGo!?」の公演、③下関観光ガイドの会の平松資朗さんによる「晋作と龍馬と下関」と題した講演、④活弁士の麻生八咫(あそうやた)さんの活弁による映画「坂本龍馬」の上映 と盛りだくさんのプログラムで、 「学び」と「娯楽」が融合し、様々なアプローチから幕末の志士たちについて学び、感じることができるように工夫されていました。
 また、下関の歴史や文化を啓発する団体(下関映画祭実行委員会、田中絹代メモリアル協会、下関歴史研究所)の協力を得て運営されており、多くのスタッフが観客の誘導や受付等に対応されていました。
 会場にはたくさんの幟が設置され、下関市の歴史関連の書籍も並べられており、観客が興味深く手に取っておられる姿も伺えました。

 今後も、様々な団体と連携をとりながら、郷土の偉人、歴史について楽しく、分かりやすい啓発活動を続けていかれることを期待しています。

ケダマの会の「いぬとねこの譲渡会」に訪問しました

団 体 名 ケダマの会 (周南市)
プログラム 自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名 動物愛護啓発の情報発信力アップ事業
日時/場所 平成29年9月10日(日)/周陽公民館(周南市)
訪問の様子

 当会は、家族のいない犬や猫を保護し、新しい家族探しを行うなど、人や犬・猫にとってやさしい社会づくりを目指す目的で、平成22年に発足されました。
 ホームページ等による情報発信、啓発のためのパネル展示や、行政の制度では対応できない犬や猫を保護して世話やしつけ、医療行為等を行った後、定期的に譲渡会を開催されています。 
 この日は「いぬとねこの譲渡会」が開催され、延べ100人近くが会場を訪れていました。

 犬4匹、猫約25匹が会場におり、来場者は犬や猫と触れ合ったり、スタッフに飼育相談等をされていました。犬は毎回4~5匹くらいで、連れてこられなかった犬については写真を掲示されていました。
 開会後約20分で、猫数匹のトライアル(お試し飼育)が決まっており、また、ペットフードやペットシーツ等の支援物資を持って来られる方も多く、体や心が傷ついている犬や猫たちに支援の手を差し伸べる方の多さに驚きました。
 犬の場合には約1ヶ月、子猫の場合は約1~2週間、大人猫の場合は約1ヶ月のトライアルを経て、当会スタッフの自宅訪問による確認後、条件が合えば正式に譲渡する流れになっているということです。

 財団の助成金は、主に仕事や都合が悪くて譲渡会に来られない方にも情報を発信していくためのホームページの作成、セキュリティ管理の強化に使用されており、現在、メール等による問い合せも増えてきたとのことでした。

 今後はNPO法人化も視野に入れ、活動の幅を広げていきたいと考えておられるようです。ぜひ継続して、動物愛護の活動を行っていかれることを期待しています。

★ケダマの会HPは |こちら|から

あなろぐの会の「熊本地震 難病センターで できたこと」講演会を訪問しました

団 体 名 あなろぐの回 (周南市)
プログラム 自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名 「熊本地震 難病センターで できたこと」講演会
日時/場所 平成29年9月9日(日)/周南学び交流プラザ(周南市中央町)
訪問の様子

 当会は、1型糖尿病について情報発信し社会的理解を促進するとともに、患者やその家族の交流や情報交換、生活の支援を目的として平成27年10月に発足されました。
 交流活動のほか、年1回「自分らしく病気とつきあう」をテーマに講演会を開催し、広く学習と啓発の場を設けられています。
 この日は「熊本地震 難病センターで できたこと」と題する講演会が開催され、約20人が参加されました。

 最初に、熊本県難病相談・支援センター所長の田上知子さんによる「熊本地震 難病センターで出来たこと」と題する講演があり、熊本県でおきた地震の被害状況や、多種多様な疾患の患者支援の取組をパワーポイントを用いて説明されました。
 災害当日の患者支援の話だけでなく、悪条件(道路が寸断された等)を設定した事例訓練が災害時に活きたことなど、実体験に基づくお話しで、一般的な災害対応としても非常に役に立つ内容でした。
 続いて、参加者が2グループに分かれ、「(災害時に)命を守るために)」をテーマにグループディスカッションが行われ、各グループからの発表、講師による講評が行われました。質の高い質問や意見交換が行われており、参加者のみなさんが非常に積極的に取組んでおられたのが印象的でした。 

 難病を持っておられる方の中には、一見しただけでそうとは分からない方もおられ、避難所では自分から支援を求めにくい状況であったり、周囲の理解が及ばないという場面もあるそうです。
 今後も患者や家族同士の交流を進めながらも、疾患を持った方も安心して暮らせる地域づくりを推進できるよう、引き続き啓発活動を行われていくことを期待しています。

やわらかなバッハの会の「バッハを嗜む」に訪問しました

団 体 名 やわらかなバッハの会 (山口市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/文化による地域づくり助成金
事 業 名 バッハの音楽を通じた音楽文化普及事業
日時/場所 平成29年9月9日(日)/山口大学 大学会館大ホール
訪問の様子

 当会は、西洋音楽の原点ともいえるバッハの音楽を、一般県民にとって親しみやすい形で提供し、県民の音楽文化の高揚を図る目的で平成25年に発足されました。
 バッハ音楽の啓発を目的とした「バッハ礼賛音楽会」や「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」等のコンサートやレクチャーを開催されるなど積極的に活動されています。
 この日は「バッハを嗜む」が開催され、県内各地から100人を超える人々が訪れました。

 開会のあいさつのあと、英国ベルファスト在住でバッハ研究者の富田庸さん(英国クイーンズ大学音楽部教授)による講演会が行われました。
 バッハは鍵盤楽器演奏家としてエリートで、主義主張を曲げず同僚らと対立する頑固な面がある一方、情報収集を怠らず、当時流行したあらゆる作風を吸収し独特の厳格な作風を確立した人だそうです。数多くのエピソードを直筆の楽譜や曲とともに紹介いただき、バッハの人物像を思い描きながら、作品を掘り下げることができました。初心者でも楽しめるもので、参加者はメモをとりながら真剣に聴講されていました。

 バッハの音楽は友情、絶望、喜び、生と死といった人間の人生全てを含んでいるともいわれているそうです。今後も独自のアプローチでバッハ愛好家の裾野を広げていただき、音楽文化の振興に活躍されることを期待しています。

廃校再生サミット/山口の「オープンキャンパスTHE廃校」を訪問しました!

団 体 名廃校再生サミット/山口 (山口市)
プログラム自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名廃校を再生して地域の活動の拠点にする事業
日時/場所平成29年8月27日(日)/長門市仙崎2874 旧青海島小学校
訪問の様子

 当会は、廃校の活用方法を模索し、地域活動に役立てる目的で平成28年6月に発足されました。
 廃校の活用について語り合う「廃校サミット」、廃校が決定している学校・地域を訪問しての交流会・勉強会の開催や、大学との連携など積極的に活動されています。
 この日は来年度行われる「廃校サミット」のプレ大会として「オープンキャンパスTHE 廃校in青海島共和国」が開催され、県内各地から約35人が参加されました。

IMG_0489 まず、開催地である旧青海島小学校に設置された「青海島共和国」の建国の経緯や現在の活動等についての説明後、インドネシアから来日されている、インテリアデザイナーで景観写生家のラビニア・エリシアさんが、会で作成された「廃校~ニアのていあん」の冊子を基に、インドネシアの教育の現状と、彼女の感じた日本の原風景について講演されました。
 インドネシアでは人口が急増中で、小学校が不足しており、日本の廃校にとても衝撃を受けられたそうで、廃校は引き続き活用されるべきと話され、活用例を提案されました。
 最後に、会場である「青海島共和国」の校舎を5分割して、各部分ごとに新たな使い方を提案するワークショップを行われました。
 様々な提案がされ、地域の中で廃校をどのように活用するか、交流拠点としての機能をどう果たすか等について再検討できたようです。

 県内では、これからも小中学校の統合等で「廃校」の問題が起こってくると思われます。校舎を地域の資源として、住民同士が集える交流拠点に活用する等、地域共通の課題としてそれぞれが真剣に考えていく必要がありそうです。
 今後も活動を継続され、廃校の活用について広く啓発されていくことを期待しています。

山口県釣り団体協議会の洲鼻海岸清掃・稚魚放流作業を訪問しました!

団 体 名山口県釣り団体協議会 (周南市)
プログラム財団オリジナルプログラム/ふるさとの自然環境保全助成金
事 業 名稚魚放流・海辺清掃活動
日時/場所平成29年8月19日(土)/下松市洲鼻海岸周辺
訪問の様子

IMG_0458 当会は、釣り場環境の整備保全や、遊漁としての釣りの健全な発展を図るため、釣り人と行政をつなぐ唯一の窓口として昭和46年に発足されました。
 十数年前から海浜清掃や稚魚の放流等を行われ、海の資源の保護や環境整備などの社会貢献活動にも取り組まれており、今年度も、光市や周南市、下松市で実施されています。
 この日は下松市の洲鼻海岸で、地域の活動団体である「瀬戸内の海を美しくする会」や「周南清港会」と協力して、海岸清掃と稚魚放流が行われ、近隣保育園・幼稚園の園児や保護者、行政機関の職員等約100人が参加されました。

 海岸清掃では、参加者が海岸付近のゴミを拾い集め、下松市の指導によって「ビン・缶・プラスチック・不燃物」に分類収集しました。ゴミは軽トラック3台分にもなり、その後は市が適切に処理されました。
IMG_0471 稚魚の放流は、子どもたちに海や自然を大事にする気持ちや生き物に対する愛着を持ってほしいとの思いから実施されているもので、この日は、下松市栽培漁業センターから14㎝程度の「ヒラメ」2,500匹が運び込まれ、市内の園児ら36人によって笠戸湾に放流されました。
 真夏の炎天下での行事でしたが、参加された皆さんは笑顔で活動に取り組まれ、美しくなった海岸と、海の中で育っていく新しい命に思いを馳せているようでした。

 豊かな水辺の自然を保全する活動を今後も継続していただき、「海や自然を守り育てていく」活動の輪が広がっていくことを期待しています。

山口県健康生きがいづくりアドバイザー連合会の「里山健康生きがいづくり交流会」を訪問しました!

団 体 名山口県健康生きがいづくりアドバイザー連合会 (山口市)
プログラム自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名里山健康生きがいづくり交流会~輝く人生を、今~
日時/場所平成29年7月29日(土)/ヒュッテ桂谷ランプの宿(山口市小郡)
訪問の様子

 当会は、厚生労働省の関係団体である「一般財団法人健康・生きがい開発財団」が、中高年の健康や生きがいづくりの啓発、サポートを目的に養成している「健康生きがいづくりアドバイザー」の県内有資格者により平成16年に結成された団体で、地域での啓発活動や、東京等で開催される「健康・生きがいづくり」に関する講習会や勉強会への参加、地域イベントへのボランティア協力等をされています。
 この度、高齢であっても、健康で若々しく、社会にも貢献できる人生づくりをサポートしたいと、「里山健康生きがいづくり交流会~輝く人生を、今!」と題したイベントを開催されました。

kenkou1 この日は午前中に「健康生きがい交流会」、午後は「深呼吸で若返り講座」(ヨガ講座)が行われ、県内各地で活動されている当会会員の皆さんを中心に約20人が参加されていました。
 ヨガの他、リンパや整体のミニ講座、竜笛やライヤーの演奏、合唱、ソーメン流し等、一日を通してもりだくさんのメニューが用意されており、里山の新鮮な空気の中、心と体をリフレッシュしながらお互いに交流を深めることができました。

kenkou2 会では、今後も継続して、中高年の「元気」や健康寿命を延ばす支援をしていきたいとのこと。
 誰もが元気に充実した社会生活を送ることができるよう、今後も積極的に啓発活動を行われることを期待しています。