日米親善稲刈り体験交流会に参加しました!

平成25年10月5日(土)、岩国市の旧天尾小学校周辺で開催された、地域交流の里主催の「日米親善稲刈り体験交流会」に参加しました。

tiikikouryuu1「地域交流の里」は、多彩な自然や地域資源を活かし、地域、都市、基地の住民らと協働で地域の活性化につながるイベントを開催されています。特に、岩国基地の住民らとは、数年前から季節の行事を一緒に祝ったり、岩国寿司の調理体験等を継続されており、草の根交流の輪を広げておられます。
今回は、地元住民の協力で6月に田植えをした稲が収穫の時期となり、みんなで稲刈りを行われるということで訪問しました。

tiiki kouryuu2あいにくの小雨交じりのお天気でしたが、平成24年度3月に廃校となった「旧天尾小学校」に参加者約70名が集合しました。グループ分けの後、小学校から約300m離れた田圃へ移動。 移動中には、基地の子ども達と地元の子ども達が片言で自己紹介し合う微笑ましい姿も見られました。
鎌の持ち方や刈り方の指導を受け、稲刈りがスタート。 初めて体験されたという方も多かったのですが、稲の成長を管理されてきた地元のみなさんのフォローもあり、慣れない作業ながら、協力し合って順調に刈り取りが進みました。
約1時間で作業は終了。刈った稲をハゼ架けにし、最後にみんなで記念写真を撮りました。
小学校に戻ってからは、地元のお母さん達が用意された新米の昼食を食べ、ゲーム等を楽しみ、和やかな交流がすすみました。

会では今後、年越し準備体験や二輪草祭り等、楽しいイベントを計画されています。 地域住民、基地関係者、岩国YMCA専門学校等スタッフが、企画の段階から知恵を出し合い、運営・協力体制を整えておられるので、「地域」「都市」「基地」の3つの交流の輪はますます進んでいくと思われます。
存在感のある、元気な中山間地域づくりのモデルとして今後も頑張っていただきたいです。