いわくに研究会の「岩国かるたドライブ@防長チャレンジ2017」に訪問しました

団 体 名 いわくに研究会 (岩国市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/にぎわい交流づくり助成金
事 業 名 岩国かるたドライブ@防長チャレンジ2017
日時/場所 平成29年11月19日/長門市三隅(長門市一帯)
訪問の様子

 当会は、平成21年に発足以来、地域の観光資源の有効活用や、地元産品の効率的なPRをめざし、地域資源を線で結び、イベント化した「岩国かるたドライブ」~参加者が指定された箇所を自動車や自転車等で周り、地域の歴史や自然に関するクイズを解きながら宝探し(=地域の魅力を発見)するイベント~を企画されてきました。
 これまで、岩国市を中心に開催されていましたが、今年度は、明治維新150年応援企画として、「防長三白」をテーマに3市(岩国、長門、防府)で開催されました。この度、長門市で「米の回」が開催され、約10人が参加されました。

 初めに事務局の石丸さんから、「制限時間(4時間以上5時間未満)内にトレジャーポイント全26ヶ所のうち8ヵ所以上回りクイズに解答する」というルール説明があり、その後各チームで作戦タイム。9時半に一斉にスタートしました。
 15時過ぎには全員が無事ゴールし、 集計後、クイズの答え合わせ、順位発表、表彰式が行われました。
 参加者は「初めて参加したがとても楽しかった」「防府も参加したい」「絶景ポイントがたくさんあった、あらためて訪問したい」と、非常に楽しんまれた様子。長門市の新たな魅力も発見されたようです。

 会では、岩国市の「紙の回」、今回の「米の回」、防府市の「塩の回」と3回のかるたドライブを企画され、いずれも地域の魅力を存分に感じられるよう、緻密に練られた内容で、参加者に大変好評でした。
 今後も同様の企画を実施し、山口県の良さを県内外に発信し続けたいとのことです。
 交流人口の増加や山口県を元気にする企画として、今後もぜひ継続していただくことを期待しています。