「三瀬川花街道」づくりのための植樹に参加しました!

平成25年11月20日(水)、岩国市周東町三瀬川地区において、三瀬川村おこし推進協議会主催で、「三瀬川花街道」づくりのための植樹が行われたので参加しました。

sannzegawa「三瀬川村おこし推進協議会」は、三瀬川地区の住民が中心となり、地域資源を活用した都市住民との交流イベントを通じて、地域の魅力を伝え、UIJターンを促進し、地域を活性化しようと活動されています。
地域おこしの起爆剤として、地区の道路や川沿いを花で飾る、「三瀬川花街道」を計画されており、このたび八重桜を植樹されるということで訪問しました。

この日は気温7度と冷え込む中、三瀬川沿いに設けられた会場に地区住民や行政関係者ら約50名が集合。オープニングセレモニーの後、早速「虎の尾(八重桜)」の苗木の植樹が行われました。

会では、四季折々の花を楽しめる「三瀬川花街道」を作るために、昨年度から菖蒲、紫陽花、紅梅など様々な草木を川沿いに植栽されています。
国永会長は、「美しい花街道をつくり、多くの人が訪れてくれる新たな地域資源となるように大切に育てていきたい」と話されていました。

来年度は、地域に伝わる神楽舞の保存活動を計画されています。昔からの住民にとっても、そして新たに訪れてくれる方にとっても魅力あるまちにしたいと今後も試行錯誤されていかれる様子。
これからも活動を継続され、三瀬川から元気を発信し続けていただきたいです。