助成金交付団体訪問録

NPO法人やまぐち男女共同参画会議の「新春公開セミナー2018 トーク&トークの集い」に訪問しました

団 体 名 特定非営利活動法人やまぐち男女共同参画会議会 (山口市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/男女共同参画助成金
事 業 名 グローバル時代の参画促進パネルディスカッション開催事業
日時/場所 平成30年2月17日(日)/ホテルかめ福
訪問の様子

 当会は、男女が対等なパートナーとして、あらゆる分野に共に参画することをめざして昭和55年に発足した団体です。
 情報発信による啓発活動のほか、研修会や講演会の開催、リーダーの育成等を年間を通して積極的に実施されています。
 この度、男女共同参画の課題について世界の先進地から学び、今後の連携や政策提言等の活動に繋げることを目的に、同じく男女共同参画推進の活動を行っている「北京JAC」と協働して、パネルディスカッションを開催されました。

 この日は一般市民等約150人が参加。「少子高齢化が進む中、経済や地域の担い手として女性が活躍できる社会をどのように創っていくか」をテーマに、ゲストスピーカーのアリ・ホンカネンさん(フィンランド大使館一等書記官)、片山さつきさん(参議院議員)が、それぞれの立場から経験と現状、課題を語られました。
 片山議員は、具体的なデータをパワーポイントで示され、今後どんな取組が有効かを分かりやすく説明されました。第一線で活躍されている方から直接お話しを伺うということで、参加者にとっては大変貴重な場となっており、みなさん真剣にメモをとりながら聴講されていました。また、フィンランドと比較することにより、改めて日本の課題や現状が明確になり、参加者の理解も進んだように思われました。

 企業や地域における男女共同参画の取組をさらに広げていくためには、多くの人の理解、団体の協働や共に考える体制づくりが必要です。今後も啓発活動を継続され、地域の中で広く男女共同参画の意識を高めていかれることを期待しています。

豊北郷土文化友の会の「出版記念 朗読出前講座」に訪問しました

団 体 名 豊北郷土文化友の会 (下関市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/文化による地域づくり助成金
事 業 名 民話集「ふるさと豊北の伝説と昔話」活用出前講座(朗読会)と第四集の発刊
日時/場所 平成30年1月20日(土)/滝部活動拠点施設「太陽館」
訪問の様子

 当会は、豊北町及び近隣地域に残された文化遺産を守り、それらを通して郷土の歴史や伝統文化を学び、継承する目的で昭和48年に設立された歴史ある団体です。歴史文学講座や研修、古文書教室の開催、歴史文化誌や民話集の発刊等の活動をされています。
 平成15年以来、民話集「ふるさと豊北の伝説と昔話」を3冊発刊されており、この度4冊目の発刊を記念し文学講座とコンサートを開催され、地域住民など約60人が参加されました。

紙芝居の熱演

 初めに、講座の第一部として、民話集の中にも掲載されているお話し3編(「カワウソに騙された儀助さん」「二見の海坊主」「中山弾正と糸桜」)を朗読され、1篇(「弘法大師と附野のお薬師さま」)を紙芝居で上演されました。
 子ども達でも理解しやすいように、やさしい文章で綴られているお話しで、一気に民話の世界に引き込まれました。
 その後、地元の男性4人グループ「カントリーカーム」によるミニコンサートがあり、参加者は一緒に歌ったり、踊ったりと楽しみました。
 第二部は下関市立豊北歴史民俗資料館との共催で、愛媛大学の熊井清雄名誉教授による「豊北の元寇と浜出祭」と題した公演が開催され、豊北地域の歴史をしっかり学ぶ場となっていました。

 当会は、豊北地域の歴史研究や文化活動を後世に語り伝えていくことの重要性を認識されており、これからも積極的に活動していきたいとのこと。
 発刊した民話集をより多くの人に活用してもらい、地域の大切な財産を多くの人に認知していただくことを期待しています。

小糠踊保存会の「えびす祭での踊り披露」に訪問しました

団 体 名 小糠踊保存会 (岩国市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/文化による地域づくり助成金
事 業 名 小糠踊りで城下町風情を演出する事業
日時/場所 平成29年11月23日/岩国市岩国1丁目 錦帯橋観光案内所付近
訪問の様子

 当会は、400年前から受け継がれている「小糠踊り」を後世に伝承する活動を行っています。
 小糠踊りは、岩国藩初代藩主・吉川広家公が、お盆の先祖供養にという名目で、町屋や農家の人々が楽しめるようにと奨励したことに始まる「盆踊り」です。400年に渡り、市民に愛され、受け継がれてきました。
 今回、城下町の一角、かつてのかつての商店街を交通規制した会場で開催された「えびす祭」で、助成対象の新しい衣装(浴衣と笠)による初の踊りを披露されました。

 踊りの開始前に、保存会会長から踊りの由来等の紹介があり、その後通りで、保存会のメンバー、次に子ども、最後に観客も入っての3パターンの踊りが行われました。踊り手は10人、太鼓4人、三味線2人、その周りを観客が取り囲み、通りは一気ににぎやかになりました。
 通りでの踊りが終わった後、近くの観光交流所「松がね」(半年前オープンした旧醤油屋建物、市直営・来年度指定管理)の舞台で、扇子踊りと基本の踊りが披露されました。
 踊りには多くのパターンがあり、それぞれを覚えていかなくてはいけないのは大変とのことでしたが、みなさんが三味線や太鼓に合わせて楽しそうに活き活きと踊っておられたのがとても印象的でした。
 また、新しい浴衣には、錦帯橋をモチーフに、桜の花びらと「こぬか」の文字がデザインされおり、今後も大切に使用していきたいとのことでした。

 保存会では、メンバーを交代しながら、地元の岩国小学校でも踊りを教えておられるそうです。
 これからも、郷土の文化を守り、育てる伝承活動として、また、街並みの賑わいを取戻し、地域に元気を呼び込む地域資源として、楽しみながら活動されていくことを期待しています。

ワイルド・キッズ・クラブの「クラフト教室&クリスマスケーキづくり」に訪問しました

団 体 名 ワイルド・キッズ・クラブ (宇部市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/子ども・子育てサポート助成金
事 業 名 自然の中で子育て支援と多世代交流の場づくり
日時/場所 平成29年12月23日/宇部市西岐波 請川の里
訪問の様子

 当会は、自然と人との共存、地域資源の保全と活用を目的に、多世代交流ができる場の提供と、子ども向けの環境保全、自然・食農体験の実習を行われています。毎月定期的に、野草摘みやクラフトづくり、保存食づくり等のイベントを開催し、子ども達が自然の中でも工夫して生活できるスキルを身に付け、たくましく生きることができるよう、心の成長を手助けされています。
 この日は、松ぼっくりのクラフト体験と、チキン料理・クリスマスロールケーキ作りが行われ、約10人が参加しました。

 クラフト作りは、材料を事前に用意されていたこともあり、スムーズに進みました。お手本を見ながら、モールやビーズ、松ぼっくり等をグル―ガンで土台に貼りつけ、クリスマスツリーのような独自のインテリアを作成。子ども達それぞれの独自の感性が光る、自由な作品が完成し、見ていてとても楽しかったです。
 また、クラフトと並行して、チキンやロールケーキを作成されていました。チキンはピザ窯で焼かれるということで、完成までは確認しなかったのですが、里山で二日早いクリスマスを楽しまれたということです。

 会では今後も、子ども達がのびのびと遊べる場の提供とともに、多世代交流による高齢者の生きがいづくりにも寄与できる活動をしていきたいとのこと。
 自然あふれる里山で、たくさんの人を笑顔にする活動を今後も継続されていくことを期待しています。

下関平家太鼓保存会勝山会の「創立20周年記念公演」に訪問しました

団 体 名 下関平家太鼓保存会勝山会 (下関市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/文化による地域づくり助成金
事 業 名 下関平家太鼓保存会勝山会創立20周年記念公演事業
日時/場所 平成29年12月17日/下関生涯学習プラザ 海のホール
訪問の様子

 当会は、和太鼓を通して地域文化の発展に寄与し、郷土芸能の伝承と、末永く太鼓文化を後世に伝えることを目的として活動されています。会創立20周年の記念の年に、自分達の活動の成果をより多くの人に見てもらいたいと、この度記念公演会を開催され、約500人の参加がありました。

 はじめに、会長の清水さんから「平家太鼓は壇ノ浦の合戦で亡くなった平家一門や安徳天皇を慰霊するために始まったとされる伝統芸能」である旨の説明があり、「観るもよし、聴くも楽しく、打つもよし」をキャッチフレーズに練習に励み、県内外や中国・台湾でも公演をしてきた実績に触れ、その集大成となる記念公演にしたいとの挨拶がありました。
 演奏者は小学生から大人までのメンバー28人。太鼓だけでなく、梅光学院高校のハンドベルの演奏もあり、飽きさせない内容となっていました。
 平家太鼓と創作和太鼓の競演は圧巻で、バチさばき、息の合った演奏にはとても引き込まれました。
 曲が終わるごとに、会場からは大きな拍手が起こり、会の「これから」につながる素晴らしい演奏会となっていました。

 会では今後も引き続き、太鼓演奏の技術を磨き、活動を続けていくとのことです。下関市に根付いた素晴らしい文化を今後も計上されていくことを期待しています。

紙人形劇団ネリノの「高齢者施設への慰問活動」に訪問しました

団 体 名 紙人形劇団ネリノ (宇部市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/子ども・子育てサポート助成金
事 業 名 絵本の心を伝える紙人形劇の制作・公演活動とふれあい活動の充実
日時/場所 平成29年12月9日/高齢者向け住宅「笑晴庵」
訪問の様子

 当会は、子どもから大人まで、多くの人に「絵本の心を伝えること」を目的に、絵本を題材とした劇団独自の大型紙人形を製作し、年に一度の定期公演のほか、児童養護施設や中山間地域の小学校で訪問公演活動をされています。
 今年度は既に、山口金管アンサンブルとの合同公演、宇部市立図書館まつりや児童養護施設での公演を行われており、今回は防府市のサービス付高齢者向け住宅「笑晴庵」でのふれあい公演をされ、入居者ら約15人が観賞されました。

 この日の演目は「チロップのきつね」。このお話しは幸せに暮らしていた四匹のキツネ家族が、心無い人間の身勝手な猟で殺されていしまい、寄り添って亡くなった母と子どものところに花が咲く、というせつなくて悲しいストーリーです。
 その上、当会にとって、高齢者対象の公演は初めての試み。悲しいストーリーを題材にされているので、高齢の方がどのような反応をされるのかとても心配でしたが、劇の終了後には、舞台越しに「かわいいねえ、よしよし」と子ギツネをなでたり、「また来て」と団員と握手されている方もおられ、みなさん絵本の世界に引き込まれ、満足されていたようでした。
 また、今回の施設の会場は天井が低く、紙人形の動きや舞台設営が制約されてしまうというハプニングもありましたが、急遽、会員がダンボールを持ち寄り、即席で舞台を設営。事なきをえました。これまでいろいろな場所で公演されてきた経験は、演技だけでなく設営にも活かされているようです。

 会では今後も、定期的な公演活動に加えて、このような小さな形の慰問公演も行っていきたいとのこと。小さなお子さんから高齢者までがワクワクしながら楽しめる素敵な劇を、これからも提供されていくことを期待しています。

楢原ゆうあい会の「第11回郷土史講座」に訪問しました

団 体 名 楢原ゆうあい会 (下関市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/中山間地域づくり助成金
事 業 名 協働による地域資源を活かした「学びの郷」活用事業
日時/場所 平成29年12月2日/妙栄寺(下関市豊田町大字楢原)
訪問の様子

 当会は、下関市豊田町楢原地区を中心に、自然や歴史当の地域資源を活かして、心豊かで魅力ある地域づくりをすすめることを目的に平成19年に発足しました。耕作放棄地の活用や歴史資源の整備、交流、景観向上のための花壇設置等、地域住民と連携しながら地道に活動を続けられています。
 この日は第11回目となる「郷土史歴史講座」が開催され、約40人が参加されました。参加者のほとんどが地区の住民で、新しい顔ぶれはそれほど多くはありませんでしたが、地域の貴重な資源を学べる貴重な機会ということで、講座を毎回楽しみにされている方も多いとのことです。

 はじめに、会の代表であり、妙栄寺の住職でもある吉川俊雄さんがあいさつ。続いて、下関市文化財保護課主任の中原周一さんによる「中世山城考―朝倉弘詮と諏訪勝山白」と題した講演が行われ、パワーポイントに沿って、山城とは何か、その構造や目的といった基本的なことから、地域に残る山城~一ノ瀬城、竜山城、諏訪山城跡~について具体的に説明されました。みなさん真剣に聴講され、積極的に質問も出ていました。
 講演後は昼食を食べながらの懇親会。それぞれの現況や地域の様子など、有意義な情報交換の場となっていました。

 当会では、平成28年度から始めた地域づくりの5か年計画に基づいて、地域資源の整備や「学びの郷」づくりを進めています。今後も地域一丸となって魅力的な地域づくりを継続されていくことを期待しています。

いわくに研究会の「岩国かるたドライブ@防長チャレンジ2017」に訪問しました

団 体 名 いわくに研究会 (岩国市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/にぎわい交流づくり助成金
事 業 名 岩国かるたドライブ@防長チャレンジ2017
日時/場所 平成29年11月19日/長門市三隅(長門市一帯)
訪問の様子

 当会は、平成21年に発足以来、地域の観光資源の有効活用や、地元産品の効率的なPRをめざし、地域資源を線で結び、イベント化した「岩国かるたドライブ」~参加者が指定された箇所を自動車や自転車等で周り、地域の歴史や自然に関するクイズを解きながら宝探し(=地域の魅力を発見)するイベント~を企画されてきました。
 これまで、岩国市を中心に開催されていましたが、今年度は、明治維新150年応援企画として、「防長三白」をテーマに3市(岩国、長門、防府)で開催されました。この度、長門市で「米の回」が開催され、約10人が参加されました。

 初めに事務局の石丸さんから、「制限時間(4時間以上5時間未満)内にトレジャーポイント全26ヶ所のうち8ヵ所以上回りクイズに解答する」というルール説明があり、その後各チームで作戦タイム。9時半に一斉にスタートしました。
 15時過ぎには全員が無事ゴールし、 集計後、クイズの答え合わせ、順位発表、表彰式が行われました。
 参加者は「初めて参加したがとても楽しかった」「防府も参加したい」「絶景ポイントがたくさんあった、あらためて訪問したい」と、非常に楽しんまれた様子。長門市の新たな魅力も発見されたようです。

 会では、岩国市の「紙の回」、今回の「米の回」、防府市の「塩の回」と3回のかるたドライブを企画され、いずれも地域の魅力を存分に感じられるよう、緻密に練られた内容で、参加者に大変好評でした。
 今後も同様の企画を実施し、山口県の良さを県内外に発信し続けたいとのことです。
 交流人口の増加や山口県を元気にする企画として、今後もぜひ継続していただくことを期待しています。

囲炉裏の会の「収穫祭」に訪問しました

団 体 名 囲炉裏の会 (山口市)
プログラム 自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名 高齢者が自主活動を通じて生きがいを見つけるための事業
日時/場所 平成29年11月3日/山口市大内御堀田圃
訪問の様子

 当会は、「高齢者が主体的に活動し、生きがいをみつけ、健康寿命を延ばす」という目的のもと、平成27年9月に発足されました。以来、会員相互の交流、野菜づくりを通じた地域住民・多世代との交流、ボランティア活動等を行われています。
 この度、地域住民とともにつくった野菜の収穫祭が行われ、約50人が参加されました。

 この度のイベントは芋ほりが中心です。初めに竹田会長からあいさつがあり、続いてスタッフが掘り方を説明し、参加者を3グループに分けて芋ほり開始となりました。
 みなさん一生懸命に掘り進め、大きなイモが採れるたびにあちこちで歓声があがり、楽しそうに作業されていました。中には汗をかき真っ赤になって掘る小さな子もいました。
 休憩の後ゴボウを収穫し、作業終了。参加者全員に収穫したイモが配られ、会が用意した焼きイモや、参加者が作ってきた大学イモを食べながら、自己紹介をしたり、近況を話したりと、交流も進んだ様子で、参加者みんなが笑顔になる温かいイベントとなっていました。

 会ではサツマイモの他、ジャガイモ、レタス、ゴボウなど数種類の野菜を栽培し、一部は山口市で展開されている子ども食堂へ提供されるとのことです。
 これからも、生きがいと社会貢献につながる活動を地道に継続されていくことを期待しています。

ミュージック&ダンス親子の会の「親子ふれ愛音楽会」に訪問しました

団 体 名 ミュージック&ダンス親子の会 (光市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/子ども・子育てサポート助成金
事 業 名 ミュージック&ダンス 親子ふれ愛音楽会
日時/場所 平成29年10月28日(土)/小古柳井座(柳井市中央19-11)
訪問の様子

 当会は、未来を担う子ども達のために、音楽とダンスを通じ、子ども達の感性と自立を育むことを目的に平成27年5月に発足しました。親子で楽しめるコンサートや幼稚園での出前コンサートを年間をとおして定期的に開催されています。
 この日は出前コンサートの一環として、「親子ふれあいコンサート 川嶋哲郎コンサート」が開催され、約50人が参加されました。

 コンサートの前にはワークショップが行われ、サックス奏者の川嶋哲郎氏から「柳井学園高校ジョーカイズ・スピリッツ・ジャズアンサンブル」に対し、スウィングジャズの演奏方法等を指導されました。
 川嶋氏は、技術的な演奏に対するアドバイスに加え、音楽にどう取り組むかということを熱心に伝えられ、参加された生徒たちも上達するコツを掴もうと熱心に質問されていました。
 コンサートでは、川嶋氏のオリジナル曲や「A列車で行こう」等のスタンダードナンバー、「浜辺の歌」「ふるさと」のジャズバージョンなど、熱い演奏が繰り広げられ、観客から惜しみない拍手が送られました。

 ワークショップは午後3時、コンサートは6時からで、小さな子どもや親子連れの姿はありませんでしたが、非日常の空間でジャズを楽しむ観客の熱気が伝わるイベントとなっていました。
 当会では、今回のイベント後、幼稚園やホールで親子を対象としたコンサートも実施され、大変好評でした。
 これからも、幅広い世代が共に音楽を楽しめるような企画を実施されていくことを期待しています。